リウマチ治療で用いられる治療法とは|免疫力を高めよう

関節痛に有効な成分

四人組

痛みが生じるリウマチは生活の質を下げる厄介な病気ですが、実は食事の改善で治療することが可能です。特にタンパク質やビタミンが症状の改善に効果的とされているので、サプリメントを活用して、十分に摂り続けましょう。

詳しく見る

免疫異常と食事療法

植物

免疫異常

リウマチの症状には、特定の部位の関節部に起きる痛みや全身の関節部に起きる痛みなどがあります。なぜ関節部に痛みが生じるのかというと、炎症が起きているからです。この炎症が痛みを引き起こすのですが、進行状況によって特定の関節部であったり、全身の関節部に痛みが走るというわけです。進行が進めば進むほど痛みの範囲は広がります。そのため、早期発見が非常に重要になります。この炎症を引き起こす原因は、免疫異常が挙げられます。免疫というのは、体外からくるウイルスを攻撃する自己防衛のことを指します。この免疫に異常が起きるのがリウマチという病気のことです。こうしたことから、リウマチは「自己免疫疾患」の1つとされています。

栄養素と食品

リウマチにかかる女性は多いので、その治療として食事療法が効果的です。治療のための食事は、基本的にはナトリウム中心の食事をすることです。もちろん、関節部分の炎症が起きているので、カルシウムを摂取することも大切です。ただし、そのために牛乳を過剰摂取することは避けましょう。それというのも、牛乳は脂質が多く含まれているので、身体に悪影響をもたらすことがあります。これでは治療にはなりません。効き目のある食品は、他にも大豆やゴマなどがあります。これらは関節部でおきている炎症を抑制する効果があります。また、かきやうなぎや貝類なども関節の細胞活性化を引き起こして免疫力が高まるので、治療にはおすすめの食品です。

早期の発見と対策が重要

栄養補助食品

リウマチは初めのうちは筋肉痛や風邪に似た症状が出るので、なかなか早期治療に至らないことがあります。しかし早期にリウマチの治療を始めればそれだけ治癒も早くなるので、病院で治療を受けながら関節によい成分のサプリなどを利用するのがおすすめです。

詳しく見る

関節痛と炎症を改善します

スマイル

キャッツクローは欧米で研究開発が進み、欧州では医薬品として認められているペルー産のハーブです。インカ帝国時代から愛用されていて、近年でもその効果が認められています。またリウマチ治療薬との併用も可能で、副作用を軽減する効果もありますが、過剰摂取による下痢や薬との飲み合わせによる副作用に注意が必要です。

詳しく見る